着物の枚数

着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと明確に示している登録商標になっています。

買ったときに証紙を捨てる方だの所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、形見の品でもあるしと思うと、処分しないまま月日が経ちました。

でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

驚きました。

和服を着たい人って多いんですね。

買取実例を見ると結構高額で、そこはやはり専門店ですから、大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

着物専門の買取業者さんというと、いまどきは宅配便を使った査定方式が多いらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、誠実な業者さんを探したいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も選べるくらいありました。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが着物の枚数は少ないので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、着物とその付属品が大量だとか、お店が近所になかったりすると、持ち込むだけで疲れてしまいますね。

そんなことを考えているときは、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと来てもらえないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

参考サイト:骨董買取